Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
「中古ユーザーは客ではない」ってか?
JUGEMテーマ:ゲーム


10/31追記

おはようございます。
中古ショップ店員としてもユーザーとしても、聞き捨てならぬ記事がありました。

●10/20 中古でゲームを買う人は客ではない、
 ゲームソフトの中古問題に関して語る
(まこなこ)
http://www.makonako.com/mt/archives/2008/10/post_735.html
(以下『記事』と表記)


まこなこさんの意見は「間違ってはいない(権利者としては)」といえます。

「バグありソフト」「クソゲー」「新品で手に入れられないソフトへの対応」や
「批判の対象はお門違い」「企業努力を怠ったツケ」「中古という市場のライバル」
「新品で買っても、ろくなサポートしてくれない」etc.といったツッコミについては、
すでにあちらのコメント欄で多数入っていますので割愛しますが、
まこなこさんがおっしゃっていることとその根拠は10年前*1と何ら変わっていない
というのが私の感想。

後半の『新品で買って⇒遊び倒して売却*2』というのも矛盾してますし、
「あなたはショップのじじいに儲けさせたいだけなのか(記事より)」というのも、
ただ単に私怨といえるが・・・。

また、05〜07年に限って言えば、中古の売り上げ本数は上がっていません。
CESA調査より:1年間のソフト平均購入本数
 左から新品/新品ベスト(廉価・再販)版/中古

05年:3.2/0.7/1.7
06年:3.6/0.8/1.7
07年:3.9/0.7/1.7

(単位:1年あたりの平均購入本数)

メーカー側のデータであるCESAの調査*3でさえ、この結果です。
手を加えよう(捏造)とすれば、どうにでも有利にできるのに、この結果です。
もともと安いDS・PSPソフトの売上増加が背景にあるのでしょうが、
新品が売れなかった分、中古に移った(=権利者に利益がいかなかった)
というわけでなかったことを、メーカー側が認めているのです。
(08年版のデータがでれば、また変わるかもしれないが)


それでも「中古ユーザーは客でなし」なのであれば、

>そもそも、正当な料金を払わない人は、無理にゲームやってもらう必要ないじゃん。
(記事より)

・・・のとおり、すべてネット配信/パッケージ販売はシリアルコードつきと、
面倒くさい設定にし、本当に遊びたい人(時にクソゲーの生贄となろうとも)だけ買え!
として、「無理にやってもらう必要のない」≒ゲームに執着心の薄いライト層を
市場から締め出してしまえばいいのです。


結果どうなるかは知りませんがね。




*1:PS(32ビット機)時代にCESAなどが推し進めた『NORESALE』
 キャンペーンのときと同じ理論が見受けられる。
 例:『クリエイター(権利者)への利益の還元が中古だとない』
  『中古市場が拡大すると開発コストが回収できないから、
   結果として今後面白いゲームが作れなくなる』
  『中古がなくなれば(同じ量の)新品を買う』
*2:中古品の購入を批判しておきながら、供給側である『ソフトの売却』を肯定
 している。
*3:前述の調査では東京ゲームショウに来場したユーザー〜≒コア層〜から
 アンケートをとっているいるため、その点を考慮してください。
*4:まこなこさんとしては
 私たちがゲームを出来るのは、なんだかんだ言ってもメーカーのおかげではないのか
 「インターネットで無料で何でも出来るようになってしまい、この考えが
 希薄化されている現在だからこそ、なおさら訴えたい件だ」

 と、コンテンツへの正当な対価を払うべきという主張なのだろうが・・・。
続きを読む >>
| 小泉 亮 | 05:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
『文化』にはカネがかかる・・・ムダ遣いという費用が
こんばんは。

近年なにかにつけて値上げの話をよく聞きますが、
レンタルCDも5月より値上げが行われました。
理由は『権利金の値上げ』*。

中高生などお小遣いに限りのある人々には、けっこう大きな負担になることが
予想されます。


さらに、権利者団体の犬・文化庁(あえてそう言わせてもらう)は、
携帯音楽プレーヤーやハードディスク(HDD)内蔵レコーダーにも権利金を乗せて
売るように法を変える提案を挙げてきました。

すでに数年前からこの話はでているのですが、
ハードウェアを作る電機メーカーなどからの反発で膠着状態が続いていた中、
6月からデジタルTV放送に適応される『ダビング10』制度を人質に(=制度への拒否)
権利者団体側が前述の提案(圧力)を出してきたとのこと。

●iPodに「著作権料」上乗せ 文化庁提案へ(asahi.com)
http://www.asahi.com/culture/update/0505/TKY200805050202.html

権利者団体側からすれば
「我々の正当な利益収得を、デジタル機器が邪魔している」
ということなのでしょうが、その正当な利益が正当に権利者(個人)に分配されている
のか、文化の振興に役立てているのか甚だ疑問です。

また、HDDに録画・録音するのは『他人の著作物』だけでなく『自分の著作物』も
ありますし、(自分のカメラなどで撮ったものにもどこに行くか解らない権利金が…)
携帯プレイヤーにダウンロード(購入)したものには、そのデータに対しすでに権利金が
乗っています(二重払いになる)。


結局、権利者団体側は
「自分たち(のカネ)さえ良ければいい」*2
のでしょうが、これが過去を含めた衰退の元凶ということに気づくのは
市場はおろか文化さえも衰退しきったあとなのかもしれません。






*:と、いうより「低迷する音楽市場を盛り上げる代」らしい。
 CDの高止まり・逆輸入CDへの圧力など、さんざん市場を盛り下げたのは
 他でもない権利者団体側なのだが。
*2:これは違法コピーを行う者がいるユーザー側もなのかもしれないが、
 それでも権利(利権)の大きさからすれば、権利者団体側より力は劣ると考えられる。
| 小泉 亮 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
ムシのいいはなし〜『Culture First』といわれても〜
おはようございます。

昨年末に、ネット上のデータ(動画・音楽など)のダウンロードを実質違法化する
ために、法改正を行うことが進んだというニュースがありましたが、
権利者団体の集まりである『デジタル私的録画問題に関する権利者会議』が
ここぞとばかりに『Culture First〜はじめに文化ありき〜』という宣言をぶち上げて
きました。

●『INTERNET watch』記事より
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/01/15/18120.html

彼らの主張では、ヨーロッパであった同様の運動が、権利者への保証金制度をのこし、
著作権者の権利を護ったことから、日本でも同様のキャンペーンを行うということ
なのですが・・・。



この時ふと、過去にゲームメーカーが行った『NORESALE』キャンペーン*を
連想しました。
このキャンペーンでは、
「中古ソフトはクリエイターに利益が還元されない」
「このままでは新たなる創作活動に支障がでる」
という大義名分のもと、一部メーカーや団体側が積極的に活動していました*2。

このとき私は
「(キャンペーンにおいて)クリエイターが、クリエイターが〜とCESA等は言うが、
 このキャンペーンにおいてクリエイターの顔がまるで見えない」

と批判していました。

今回の『Culture〜』では、各団体の代表だけでなく落語家や作曲家といった
有名クリエイター(?)からも、会見場で意見のビデオ放映がされたそうですが、
その本人たちが果たして権利者のいう『Culture〜』と一致しているのでしょうか。



数年前(04年春)、権利団体は音楽CDの輸入について規制を働きかけ、
彼らの望みは著作権法の改悪(彼らにとっては『改正』)によってかなえられました*3。
しかし、音楽CD市場の衰退は止まらず、ユーザーは高コストでの入手を余儀なく
されています*4。


また、今回のキャンペーンに限らずですが、権利者側は外部に対して不利となる
情報を隠しているようにみえます。

今回の会見では、最近普及しているMP3プレイヤーやハードディスクレコーダー、
次世代メディア(ブルーレイやHD-DVD)にも『私的録音録画補償金制度』に基づき
課金しろ、と主張していますが、公式なところ(権利者)からダウンロード(購入)する
のであれば、権利者が得るであろう権利金の二重取りになりかねません。
さらに、自作のコンテンツについても(結果として)保証金を払わなくては
ならなかったり、自作のコンテンツを自ら公に向けて使用するのに、
わざわざ許可を取り手数料を払わなくては・・・という問題もあります。

「中古は許諾制に」を訴えていながら「当社は中古を一切許可しない」としていた
メーカーがほとんどであった『NORESALE』もそうでしたが、
権利者側はウソをつくこと・論議に必要な情報を隠すことも権利のひとつ、
ととっているのでしょう。 

また、今回のキャンペーンに参加している団体の中には、
「本当に著作権者のために役立っているのか?」と云われるところも含まれています。



最近の『VOCAROID』に代表されるように、権利者によっては「皆にみてほしい」
という方もいるかと思います。
権利者団体は『Culture First(文化第一)』を訴えながら、今回の会見・宣言では
こういった動きには何一つ触れられていません。

これでは
『Copyright First(著作権第一〜皮肉れば権利団体第一)』
であり、結局J@SRACのような集金団体が喜ぶだけ、
そう、一部の団体にだけの「ムシのいいはなし」といわざるをえません。


彼らの主張が次々と認められた近未来、既得権者には有難くても
傍(はた)からみれば
「何の面白みの無いニホンというトコロ」、
「既存のコンテンツのみで食いつないでいるニホン」
になっていることでしょう。

彼らのいう『文化』とは、私にとって実に窮屈かつ億劫(おっくう)なもののようです。





*:正しくは『無許諾中古売買撲滅キャンペーン』。当時メーカーとショップ間で
 行われていた、中古ゲームソフトの売買をめぐる裁判と平行して、
 メーカー団体CESAなどが98年初頭から裁判終結(メーカー側敗訴)の01年春まで
 使われた。(もっとも、裁判に負けたので引っ込めたのだが)
*2:一方で「新品を売った時点で適正な利益を得ている」と距離をおいたメーカーや、
 とりあえず「せっかくだから」と裁判に参加したメーカーも・・・
*3:本来は、海外で安く売られている邦楽CDの規制目当てだが、同時に海外で売られて
 いる洋楽CDに対しても適用されるため、音楽ファンからの厳しい批判を受けた
*4:この頃から音楽CDに代わり、ネット(データ)配信の伸びがあったのだが、
 権利者側はそのデータを伏せた上でキャンペーンを実施していた。
 音楽業界において、CDとネット配信の担当は相当仲が悪いのだろうか?
| 小泉 亮 | 04:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
『著作拳』という名のゴタゴタ話
こんばんは。

残念ながら、数多くのネット住民の声を無視し、ネット上でのダウンロード違法化を
はじめとする著作権の改定(改悪?)が確実となりました。

ン十年前の法が現在(いま)に追いついていないのは事実ですが、
ン十年前の発想でン十年前の人々が決めた、というのが今回の感想です。

先日やっと過ちを認め、まさしく『改正』されたPSE法のときもそうでしたが、
(工業製品と著作物を単純に比較するのは問題かも知れぬが)
結果として『悪い方向』に行って、あとで修正⇒時すでに遅しとなるのはカンベン。


一方で『みっくみく』のトコロと『ニコニコ』のところの一件。
合法的にネット配信をするためにしたことが、不手際でゴタゴタ。
登録上のミスがあり、取り消し申し出にも関わらず、来年3月まではそのまま
某利権団体が管理する(≒自由に使えない・もとの権利者の権利がなくなる)との
ことです。


結局、日本の著作権とはなんなのか?
著作権法の第一条には
『文化の振興』
が謳われているにも関わらず、このありさまです。

今回の改訂には、ぜひセットで第一条を
「権利を持っているものの拳(こぶし)」と
明記し、一回すべてぶち壊したほうがよいのではないかと、皮肉のひとつもいっても
バチは当たらないといえるでしょう。



| 小泉 亮 | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
SCE颪眈売店の重要性に気づいた・・・のか
おはようございます。
次世代機『プレイステーション3(PS3)』については当分の間メーカーによる
直販(インターネットでの通信販売)を行わないのですと。

量販店に並ぶ行列をマスメディアに報じてもらうことで、人気ありそうなところを
アピールするつもりなのでしょうが、純粋に「PS3が欲しい!」という人はどれくらい
いるかが疑問です。

というのも、初回出荷分が相当数絞られることが知れ渡るようになってから、
転売目的の購入者が増えている印象を受けているためです。
(オークションでも『青田買い』による出品が相次いでいる模様)

これは任天堂『Wii(旧:レボリューション)』にも云えるのですが、PS3の場合は
それが露骨な形で現れている感があります。
Wiiについては出荷台数がPS3より圧倒的に多いという予想がでており、
(旧モデルのDSも同様)転売ヤーに対しては「ザマーミロ」な展開になるのでは?


しかし、タイトルのとおり『小売店の重要性』を素直に認めることはなさそうで、
いずれは小売店…量販店以外を…切捨てをする可能性は十分ありそうですので
結局は
「普及に協力しても、新品で売ることにあまりメリットを感じないハード」になりかねないかと…。
| 小泉 亮 | 05:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
Z区分の斬り込み隊長〜XB360『デッドライジング』
こんばんは。約1ヶ月ぶりの投稿であります。
今後もこのようなペースでの進行ですが、どうかおつきあいを。


3週間の間、何をしていたかといえば
YS-11(高知行き・福岡空港にて)
ピーチライナー(愛知県小牧市/桃花台交通)

・・・といった状況でした。(あとは仕事)


さて、松沢知事をはじめとする良識派の圧力に屈したことで始まった
ゲームソフトの『Z(18禁)区分』ですが、やっと純粋なZ区分タイトルが発表
されました。
(レーティングの説明は割愛)

当初私が予想していた『グランド・セフト・オート(GTA)サンアドレス』(PS2/XB/PC 日本版未発売)ではなく、XB360オリジナル作、しかも国産の
『デッド ライジング』がそれです。
(狙っているのは海外市場だろうが・・・X36タイトルだし)


いままでのZ区分タイトルは全て旧制度からの再審査によるもので、
いまのところ最新のZ区分作である『ゲッタウェイ ブラックマンデー』
(PS2・日本版発売元セガ/旧C18区分で発売)以来11ヶ月ぶりの発売となるわけ
ですが、どうも引っかかるのであります。

(ゲームショウで見たデモ映像で一緒に流れた『バイオ5』と区別が
 付かなかった、というのとは別に)




今回の制度変更が『表現の自由と自主規制の両立』を目指したのはすでに
知られています。
しかし、CEROの新制度が運用開始(3/1〜)になってからD区分(17歳以上対象)
と審査されたのは、現在(7/27発売分)までで5タイトル。
Z区分については前述の『デッド〜』のみです。

D・Z区分が減った分、逆に増えたのが『15歳以上(C区分)』『12歳以上(B区分)』
枠です。
審査基準が変わった可能性もありますが、どうも制作側が『逃げ』『寸止め』
に入った感を受けており、それが事実だとすれば『表現の自由を護る』と
いう素人の期待はこっぱみじん。




次に、今回Z区分となったのは、その『残虐性』からです。
この指定により『Z=残虐=有害=それはいかん!』のコンボが一般化する
可能性があります。
そのような『良識層(例:松沢氏)』の批判・規制を避けるために、
結果として表現の萎縮を招くのではないでしょうか。
(どこかの倫理団体が「○等身だからいかん!」なことを言ってた様な)

そのゲーム(さらに云えば『作品』・・・ゲームに限らず)において必要ならば
『オトナ向けの表現』を行うのはOK、と私は考えます。
(それで成功したのが『龍が如く』かと)
さらに厳しく言えば
初めから18禁枠を作っておけということです。

◆・・・と書いたのですが、Z区分指定の理由は専ら『著しい暴力・残虐表現』
 がメインでした。
 エロや思想・(ゲーム中の)発言関係はD区分どまり。
 どうりで自分から通りすがりの人を殴れない『龍が如く』がD区分止まり
 なわけですな<CERO
※松沢氏:神奈川県知事の松沢成文氏。『GTA3』の有害指定の件で有名。




3番目に、Z区分新設後も『有害指定』の波は収まっていません。
すでに数県ではCEROのZ区分タイトルを『団体指定』タイトルとし、
Z区分指定の時点で自動的に18歳未満の販売やプレイを禁止するとしています。

何度もネタにしているように、CEROの制度はもともと『ユーザへの情報提供』が
目的で、販売や遊戯の規制ではありませんでした。
また、18歳未満にふさわしくない表現(=18禁)はハナからアウトとされています。

Z指定新設も『自主規制の一環』としており、旧区分に比べて残虐になっている
ということもありません。(CERO/CESAの発表どおりならば、ですが)

そのような状況で個別指定を行っている自治体が、新たなタイトルの有害指定を
行うのか、また、新たにCEROを団体指定する自治体が現れるのかが見ものです。




人によっては、今回挙げた3つの点以外の問題点を指摘することでしょう。
あわせて、権利者側が今回の問題点を解消できないのであれば、
今後も同様の問題が起こりうると私は予想します。

新たなZ区分タイトルが、ゲーム市場の未来をつくるのか壊すのか、
『デッド〜』の行方は、今後のZ区分だけでなくレーティング制度そのものに
対しても、厳しく注目と注文することが必要です。




P.S.(ついでに)
のんびりしているうちに、Z区分第2弾が発表された模様。
| 小泉 亮 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
コーエーの変心
おはようございます。
昨日のネタで、コーエーが『ゲームのレンタル事業』に乗り出すとか。

http://www.famitsu.com/game/news/2006/04/25/103,1145948870,52287,0,0.html
(ファミ通.com 4/25付より)

細かいコメント(ツッコミ?)は後に回すとして、とりあえず感想。
「成功するのか?」

中古とレンタルを否定し続けたコーエーが仕掛ける『ゲームのレンタル』。
成功するかどうかは・・・どうですかね?
少なくとも文字通り『殿様商売』にならないことを願います。


●08年5月追加
ウィキペティアより
07年3月に実質撤退とのこと
コーエーHP(IR情報含む)や、レンタルを行っていた電器店『ノジマ』には
情報記載は無く、レンタルを行っていたコーエー子会社『RentaNet』のHPは閉鎖。

『殿様商売』ではなかったものの、「目指せ1500店」は大風呂敷であった模様。
| 小泉 亮 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

shinkansen

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode