スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
朝日が再び
ここに本文を記入してください。
 こんばんは。
12/3に続き、朝日新聞は7日づけ夕刊コラムにて再び都条例に『NO』を突きつけました。


↑5ページ 文化欄『深層/新層』より転載
漫画表現の気勢と社会規範
官の「拡大解釈」に警鐘

詳しい内容については省略させていただきますが、
戦前〜戦中に内務省が行った児童書の内容への指示・検閲
⇒出版界は「青少年健全育成のためなら」と皆賛成した
⇒しかし基準は曖昧で、結果として当局の顔色を伺いながら作らざるを得ない体制に

これは公権力による『青少年のため』というきれいごとが『出版社=表現・言論そのものへの圧力』であったことを指し示す出来事であったととれます。
(記事では『当時最大の大衆向け出版社であった講談社を狙い撃ちしたものではないか?』と指摘)

記事では改正案の内容を3日に漫画家によって開かれた会見内容を引用したうえで、
「子どもを守る」という目標の前では、「表現の自由」は霞みがちになる。
だが、だからこそ、漫画や児童書の規制を入り口に、権力が表現をコントロールしようとした歴史を、もう一度かみしめたい。
(斜線部は記事より引用)

と締めています。

産経・読売といった規制派ベッタリ新聞はともかく、『表現の自由の是非』だけで語られることが多かった新聞・TVの中では、今回の問題の本質を見事に指摘していると云えます*。

あえて苦言を言うならば、
「もっと早く、このコラムを出してくれれば・・・」




*:だからといって、朝日新聞を手放しで褒めちぎるわけではないが・・・
| 小泉 亮 | 04:02 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 04:02 | - | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

shinkansen

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode